思いつくまま旅記録 JGC修行

国内外色々と旅行に関する何かを記録していこうと思います。 あとJGC修行を行ったので修行記を残しています。

このブログに関しまして、
前々から思っていたJALグローバルクラブ会員になるべく、2016年に飛行機にいっぱい乗る年にしようと誓い、1年間頑張り無事JGC会員になることができました。
その記録を残す上でもブログをかいておりますのでご興味ある方は楽しんでいただければと思います。

また、旅行記としても記録を残していこうと思っておりますので、土地、風景、食事やお菓子、JGCステータスで行くことができるようになったラウンジやサービスの情報も取り上げることができれば良いなと思っています。


相互リンク・相互RSSのお問い合わせはプロフィールをご確認ください。

2016年JGC修行 アイランドホッピング 宿泊について
アイランドホッピング足止め食い組の3人で再び、鹿児島空港ホテルに宿泊しましたが、晩御飯を薩摩黒豚しゃぶしゃぶで楽しむ事にしました。

レストランをでてエレベーターに乗る前に、今朝から気になるものがあったのでちょっと寄り道。

近寄ってみると、タイヤでした。
おそらく飛行機のタイヤ。

本当に大きいんですね。触ってみた感じすごく硬い。そりゃ、あんだけ大きな機体を支えるタイヤなんだから、硬くて当然ってことなんでしょうけどね。

その他にも、フロントガラスや、プロペラの一枚、計器が置いてあるのに気づいて少し雑談(笑)こーゆーのが好きな人には面白いところかもですね。
空港は近いし、文句はないでしょ( ̄▽ ̄)ノ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年JGC修行 アイランドホッピング 悪天候につき 其の肆
12:40の奄美行きも早々に欠航が決まり、泊まるところを確保すべく案内所に行ってみることに。
近くのホテルも全て満室。少し離れた国分あたりならと電話番号リストを頂戴し、ホテル探しをするためと、今日の振替を取り消してもらい、さらに明日の便に変更してもらうと再度カウンターへ。

とりあえず、本日の奄美ー羽田の予約を取り消したのちに、明日の午後1の便に変更をしてもらい、ホテル探し。
ダメ元で昨晩の空港ホテルも電話してたのだがやっぱ満室。

とりあえずごはん食べてると、電話かかってきて、キャンセル出たから泊まれるって事に。

まぁ、そーゆー運が良くないと流石に天候には恵まれてないからね。。(笑)


今回一緒になった方々と話していたのは、こーゆートラブルも修行なのかなと(笑)

年間50回も飛行機に乗ろうとしてるんだから、トラブルの1つや2つは起こるでしょうという意見で一致しました(笑)

今晩の晩飯もワイワイやれれば良いなと思います(笑)

でも、本当にあの時に声をかけていただき感謝です!!

旅は道連れ世は情け

って、ホントよく言ったものですね。。。なんかあったら、今度は自分から声をかけれるようになりたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年JGC修行 アイランドホッピング 悪天候につき 其の参
空港のキャンセル待ちカウンターの前のイスで、待っていると

私と同じくアイランドホッピングツアー参加者で、同じホテルだった方に声をかけていただきました。

その方もとりあえず今日のレグはキャンセルして、とりあえず羽田に戻ろうと考えられてたみたいでしたので、2人して待っていました。
旅行中のトラブルだったので、払い戻しの事を確認したく、ジャルパックの問い合わせ窓口が9時からだったため、9時に2人して電話したら、私の方は繋がらずコールもしない状況。殺到してる感じかなと思い、1人が終わってから電話を代わってもらって、手続きの確認。
払い戻しは搭乗記録で確認後料金をカード払いのため、リターンするということになりました。連絡はメッセージボードってのを使うらしいです。メールも来るとか。

で、羽田便を待っていたのですが、次々と欠航になっていく中、少しソワソワしつつ、離島に行く便は飛びそうな雰囲気を醸し出してました。そのため、奄美ー羽田は飛ぶのでは?という、先ほど一緒になった方の意見で、奄美便を確認してもらうと、奄美ー羽田便は空席がある。しかも、鹿児島ー羽田の振替を奄美ー羽田にできるということだったので、鹿児島で羽田便を待つよりも期待ができそうだと踏んで奄美行きにキャンセル待ち変更。
その直後に、鹿児島ー羽田全線欠航が決まりました。そのため12:40の奄美行きが飛ぶことに最後の望みをかけ、三階の喫茶店でお茶を飲んでました。
5a8222fa.jpg

が、滑走路はこんな感じで先が見えない状況。

2人して、そりゃー無理だよね。飛べないよね。って感じで、最後の望みをかけてました。


が、見事裏切られました。。。(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ