さて、間が少し開きましたが、マカオ世界遺産ツアーの続きに行きたいと思います。

続いては民政総署大楼です。
DSC_3152
 
これがなんだかイマイチわからないので、wikiペディアで調べてみたいと思います。

民政総署大楼(みんせいそうしょたいろう、中国語: 民政總署大樓、ポルトガル語: Edifício do Instituto para os Assuntos Cívicos e Municipais)は、中華人民共和国マカオ特別行政区の役所「民政総署」の本庁舎。ポルトガル統治時代は澳門市の市役所が置かれ、中国語で「市政廳大樓(市役所庁舎)」、ポルトガル語で「Leal Senado(忠順なる議会)」と呼ばれていた。
wikiペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/民政総署大楼 

wikiペディアってなんかいつもこんな書かれ方してますよね。

この建物はセナド広場の目の前に建っていますが、
セナドというのは上院という意味で、ポルトガル統治時代にマカオ市政庁として建てられ、当時のマカオの中枢機関として機能していたそうです。
現在でも地方自治局となっていて、文化活動や行政事務を管轄しているようです。
セナドの名前はこちらが先に付いたんですね。
--------Sponsored Link--------

西洋風の民政総署はアズレージョといわれるポルトガルの伝統的なタイルで飾られています。
DSC_3155
DSC_3161
DSC_3166
 
ただ、今回の旅行期間は中秋節に当たっていたため、民政総署内も中華風デザインでデコレーションされていました。
DSC_3154
BlogPaint

こちらも、中華風飾りのないときにも来てみたいものですね。



手頃なオプションツアーをいろいろ計画されていたのがこのサイト。ベルトラさん。
こちらのサイトから今回のオプションツアーを申し込みました。
09
  

こちらのサイトは、各社ツアーを企画している会社が寄り集まってできたようなサイトなので、似たような企画があったりします。
内容が微妙に異なったり、その会社特有の企画だったりと色々あるので、オプションツアー探しには便利ですね。


安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。




航空券とかといっしょならエクスペディアとかをよく利用しています。


JMBカード、JALカードをお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?
私も、この時期に検討し始めてましたしね。。。

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。


応援よろしくお願いします!!


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村