今回お伊勢参りをするにあたり宿を取らせていただいたのは、「いにしえの宿 伊久」さん。
楽天トラベルの星の数も4.3と高評価で人気も高いお宿でした。

予約を取るときも、残数が少なくギリギリだったのですが、
人気の理由の一つに、内宮まで徒歩15分とかなり近いところにあるお宿というのがあると思います。
13
地図上だとこんな感じで、宿のすぐ裏手が伊勢神宮の敷地になっています。
 
元々、参りをするなら早朝参りをしたいと思い内宮から近い宿を選んだのですが、翌日の天気予報はかなりの大雨の予報。

せっかくの伊勢神宮が雨だけというのも寂しいものがあるので、晴れているときにもお参りをしたいと思い、「夕間詰め」に行くことにしました。
「夕間詰め」とは閉門直前の夕刻にお参りすることで、昼間の賑わいとは違う静けさが漂う感じらしいです。通常の昼間を知る前に、伊勢神宮の静けさを堪能しようというわけです。
 

なので、チェックインを済ませ早々に内宮に向かいます。
ホテル内探索やお部屋の記事はまた後日ということで。

さて、ホテルの正面から回っていくと内宮の入り口の宇治橋までは15分以上かかってしまいます。
実は、ホテル正面玄関を出て駐車場の左手に向かうと、裏口があります。ここから行くと最短ルートになるのです。
 IMG_20170512_162709
こちら正面玄関です。
IMG_20170512_163005
この裏口を抜けて階段を降りていくルートが、内宮までの最短ルートになります。

IMG_20170512_163015
--------Sponsored Link--------

少し階段を降りていくと、鳥居の横に出ます。
IMG_20170512_163120
さらに下る階段は鳥居の正面にあるので、伊久からいくと鳥居の前を右に曲がってさらに階段を下りる感じになります。
IMG_20170512_163201
IMG_20170512_163147
この鳥居のところには、6体のお地蔵様が掘られた石柱がありました。
大正時代に疫病が蔓延したときに、疫病平癒を祈願したとのことでした。
 
IMG_20170512_163227
もう一つお社があったのでご挨拶だけさせてもらい、鳥居に戻り正面にある階段を降ります。
IMG_20170512_163301
階段の下に、このお社のことが書かれていました。
IMG_20170512_163330
IMG_20170512_163339 
「庚申塔」と言われている神様でした。
子供達の健康や安全を見守る神様だそうです。

階段下には「伊久」の看板もありました。
IMG_20170512_163321 
ちょっと細めの階段を降りてくる感じなので、戻るときに目印がないと見逃すかもしれませんね。

階段を降り、左に進むと倉庫が見えてきます。
この倉庫の入り口のシャッターに
「赤福本店 おかげ横丁⇨」と書かれています。
IMG_20170512_163431 
なんと親切な(笑)

これで迷うことありませんね。
ちょっと長くなったので、伊久から内宮までの最短ルート案内は次に続きます。


夏休みのご予定はおすみですか?
安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。