思いつくまま旅記録 JGC修行

国内外色々と旅行に関する何かを記録していこうと思います。 あとJGC修行を行ったので修行記を残しています。

カテゴリ: JMB



Sponsored Link


空の旅の季節がやって来ました @アイランドホッピング
台風シーズンも過ぎ、天気予報やニュースでは台風の話題を耳にすることも減って来ました。

今からは紅葉のシーズンではありますが、
天気天候が安定してくるとなると、紅葉だけではなく今からは飛行機旅行シーズンですよね!!


前にも書いたことがありますが、このブログにアクセスされる方の中で、
アイランドホッピング」というキーワードを検索されて本ブログにお越しの方が結構いらっしゃいます。そのため、定期的にお知らせとして書いていきたいと思います。
最近ではアイランドホッピングで検索してもJALのパックツアーのeトラベルプラザではツアーは出て来ませんので、小型気を使ったアイランドホッピングのツアーをお探しの方はご注意ください。

 

現在のJALのパックツアーのeトラベルプラザで「アイランドホッピング」と検索してもツアーが1件も出てきません。
それは、以前はアイランドホッピングという名前がついていたツアーパックも、現在(2017年10月)は「小型プロペラ機で奄美の空を楽しむ」というツアーとなっています。
 

23


小型プロペラ機」で検索すると10件のツアーが検索されます。
18
 
この内容そのものは以前もお伝えしたことがあるかと思いますが、
2日で8フライトという、私が参加したアイランドホッピングよりは少しゆっくりとしたスケジュールのものもありますし、
今まで同様に、2日で16フライトをスケジュールされているパックもあります。

--------Sponsored Link--------


前回の記事でも書きましたが、新しくできたツアーはまだ健在でした。数ヶ月でなくなることはないでしょうけど、飛行機好きな方は今年導入されたATR42-600に乗りたいというかたも多いのではないでしょうか。

「新鋭機ATR42ー600型機にも乗れる離島フライト乗りまくりの空の旅2日間」
49

 

新鋭機ATR42ー600、以前このブログでもお伝えしたフランスに本社があるエアバスグループの航空機。 42
後方にハイビスカスが描かれている可愛い機体です。
また、昇降口が後方にあるというちょっと珍しい機体のこの新モデルにも乗れるこのツアーは、
2日で10フライトのツアーがあります。今までのモデルの飛行機は前方に昇降口があるので前方が人気席になっていますが、この飛行機は後方が人気席になってるんですかね?
過去のATR紹介の記事はこちらをご覧下さい。

他にも3日で16フライトのツアーとかもありますが、やはり短期詰め込みフライト修行が根強い人気なのでしょうか。

どちらにしろ、現在は「アイランドホッピング」で検索してもツアーは検索されません。アイランドホッピングに興味がある方は「小型プロペラ機」でツアーを検索後、フライトの空席確認を行うようご注意ください。


アイランドホッピングを検索されている方は、下記の地図リンクよりJALのページに移動していただき、ページ中央の日本地図で九州エリアのリンクをクリックしたのちに、条件指定して探す欄にキーワード検索を選んで「小型プロペラ機」を検索すると目的のツアーが検索できるかと思います。

本年JGC修行をされている方で、アイランドホッピングにご興味ある方はご確認いただければと思います。




安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。



 

特典航空券 マイルバックキャンペーン @成田-メルボルン線開設記念
2017年9月1日に、成田ーオーストラリア・メルボルンの新規路線が就航されましたね。
もともと、オーストラリア・シドニー線はあるのですが、人口が400万人を超える都市のメルボルンを直接繋ぐことによって、観光もビジネスもよりしやすくすること、旅行者を増やすことを目的としているようです。

機材はボーイング787-8型で新感覚エコノミーを採用されているとのことで座席間隔が広いやつですね。


で、新規路線開設記念として
特典航空券マイルバックキャンペーンが行われています!
13


キャンペーン期間

2017年9月1日(金)~2017年11月30日(木)(搭乗日)
登場前にキャンペーン登録が必要なのでご注意ください。
 

対象

JALマイレージバンク(JMB)会員で、事前にキャンペーン参加登録をした方


--------Sponsored Link--------

対象路線

JAL国際線 東京(成田)-メルボルン線 JL773 / JL774


キャンペーン内容

キャンペーン登録のうえ、期間中に、東京(成田)-メルボルン線 
JL773/JL774に特典航空券で搭乗すると、翌月にマイルの一部が戻ってくるそうです。
戻るマイル数は、対象便一便あたり2,500マイルだそうです。
往復で5,000マイルは結構大きいかも。。。


対象予約クラス

JAL国際線 特典航空券 ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラス


マイルの積算について

2017年9月搭乗分 → 2017年10月下旬
2017年10月搭乗分 → 2017年11月下旬
2017年11月搭乗分 → 2017年12月下旬
1ヶ月後くらいにバックされるんですね。
 


2ヶ月間のキャンペーンですが、この期間のメルボルン旅行を検討されている方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。




このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

旅客サービスシステムの刷新 @サイバーフラッシュ [号外]
JMBサファイアになってから定期的に送られてくる JALマイレージバンク サイバーフラッシュのメルマガですが、
今回送られてきた内容は、「旅客サービスシステムの刷新に伴う各種お取り扱いについて」でした。


JALグループは、2017年11月16日(木)に旅客サービスシステムの刷新を予定しているそうで、それに伴い、JMBのステータス会員のサービスにも変更があるそうです。
19


今回のメールには下のように書かれていました。

・国内線 キャンセル待ちについて
国内線キャンセル待ちの受付ならびに回答期限は搭乗便の出発24時間前まで


さて、あまりキャンセル待ちしないのでよく知らないのですが、
キャンセル待ち受付期限は今まではどうだったかなと思ったので、JALのページを見てみました。

公式ページでは以下のようにまとめられていました。

2017年10月28日(土)まで 2017年10月29日(日)から
キャンセル待ちが可能な運賃 大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、シャトル往復割引、身体障がい者割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス6、介護帰省割引、特別乗継割引、離島割引、特別往復割引、株主割引、特便1・3・7 タイプA、先得タイプA、乗継割引7・28 大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、身体障がい者割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス6、介護帰省割引、特別乗継割引、離島割引、特別往復割引
2017年11月15日(水)まで 2017年11月16日(木)から
受付期限 搭乗日2日前まで 搭乗便の24時間前まで
席がご用意できた時のメール送信 代表者にのみ送信 代表者と同行のJMB会員(お知らせメール設定済み)に送信



キャンセル待ち可能な予約運賃の改定は10月29日から変わるのに、キャンセル待ち予約受付の日数変更は11月16日から変わるんですね。

そのほかにも、色々と変わるようなのでちょっと注意が必要かもしれません。
このブログでも少しずつになるでしょうけどお知らせしていこうかと思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ