思いつくまま旅記録 JGC修行

国内外色々と旅行に関する何かを記録していこうと思います。 あとJGC修行を行ったので修行記を残しています。

タグ:伊勢神宮



Sponsored Link


おかげ横丁のかわいいキャンドルのお店@伊勢
旅館の朝ごはんを食べたあとせっかくなので少しおかげ横丁を散策しました。
あいにくの大雨でしたが、途中から少しずつ雨も小降りになってくれました😊


ただ、雨でもおかげ横丁には結構な人がいて、伊勢の人気の高さを知りました。
きっと晴れてたらもっといるんでしょうね。


おかげ横丁を散策していたらかわいいお店を見つけました❕❕


[画像:48d7543a-s.jpg]

[画像:b3502c26-s.jpg]

ハンドメイドのキャンドルも扱っているかわいいキャンドルのお店です。
キャンドルってゆらゆら揺れる炎と良い香りが癒されますよね😊

[画像:15676220-s.jpg]

お店に入るとかわいいキャンドルがいっぱい🕯️
キャンディや、おせんべいのかわいい色とりどりのキャンドルがたくさんありました🍭

--------Sponsored Link--------


[画像:f61f2a54-s.jpg]

和菓子のキャンドルもありました。
すごく良くできてて、驚いてしまいました。


[画像:2c7221e6-s.jpg]

お店の人に伺ったところ色々な作家さんのハンドメイドのキャンドルも置いているそうで、カラフルなキャンドル以外にも落ち着いた可愛らしいキャンドルもたくさんおいてありました。

[画像:5f502bf2-s.jpg]

サシェも売っています。
良い香りでクローゼットやスーツケースに入れるのに良さそうだなぁと思いました😊
私達が行ったときは5月だったので母の日用のサシェも売っていました。
ただ、カーネーションの香りがよくわからなくて😅
カーネーションをまじまじとかいだことないなぁ…と思っちゃいました💦💦


[画像:02c8c211-s.jpg]

アロマキャンドルを自分で作ることもできます。
好きな色や香りで自分の好みのキャンドルをお土産にするのも思いでとしていいですよね🙌


キャンドル好きなは人にはたまらないお店じゃないかなーと思いました。
こんなお菓子を模したキャンドルがたくさんあるとは知らなかったので楽しかったです😊
土日はワークショップなどもやっているそうです。


安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。




このエントリーをはてなブックマークに追加

御朱印の旅 @月讀宮
猿田彦神社をあとにして次に向かうのは、「月讀宮」です。
猿田彦神社からは車だと5分程度くらいの距離で、本当にすぐ着いた感じです。
歩いても行けたりするくらい近い距離みたいです。 

月讀宮は内宮の別宮で、月夜見宮と同じ音なのになぜ漢字が違うのかと思い調べて見たところ、
伊勢神宮公式ページによると


「ご祭神は月読尊。天照大御神の弟神で外宮別宮 月夜見宮のご祭神と同じです。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味します。」

 
ということらしいです。
同じご祭神だらか同じ音なんですね。

駐車場から境内に向かいます。
image
 
境内までの参道がこんな感じに伸びていますが、鳥居の奥が見えない感じでやはり別世界を作っている感じがしますね。
鳥居をくぐると、ひっそりとしていて静かな空間が広がっていました。
参拝客も多くなく、ゆったりとした時間が流れます。

この境内には4つの別宮が1箇所に並んで建てられています。
右から順に
月読荒御魂宮、月読宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮
の順で並んでいます。

①月讀宮→②月讀荒御魂宮→③伊佐奈岐宮→④伊佐奈弥宮
お参りするのが一般的だそうです。

それに習って、順にお参りしたいと思います。

・月讀宮
image

・月讀荒御魂宮
image
 
--------Sponsored Link--------
・伊佐奈岐宮
・伊佐奈弥宮
残る二つは、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮です。
漢字で書くと似てる感じの文字が並びますが、この二つはイザナギノミヤ、イザナミノミヤと呼びます。
有名なお話なので知っている方が多いともいますが、古事記や日本書紀で登場するイザナギイザナミのお話です。
諸説ありますが、天照大神の父神とも言われています。

こちらが、伊佐奈岐宮
image

こちらが、伊佐奈弥宮
image


雨が上がったあとなので、色合いとかが暗かったりしますがそれでも横に並んだ姿はちょっとインパクトがあります。
image
 


最後に、宿衛屋で御朱印をお願いします。
image

相変わらず、月の字が「D」に見えて仕方がないです。
さて次はちょっと離れたところを目指します。


安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。




このエントリーをはてなブックマークに追加

赤福氷を食す @赤福 五十鈴川店
猿田彦神社に向かうのに、車をおはらい町通りの入り口付近にある市営駐車場に停めて猿田彦神社への挨拶や、おはらい町通りの散策、おかげ横丁の散策をしていました。

少し疲れたこともあり、少しお茶をすることにしました。

どこにいくかって?もちろん「赤福」でしょ。


市営駐車場のそばに、喫茶店やレストランなど食事ができるお店が並んでいるエリアがあります。
ここに、赤福の五十鈴川店があり喫茶もやっている店舗でしたので、少し休憩をさせていただくことにしました。


赤福の喫茶店ですので、食べれるものは赤福に関するものだけなのですが、今回は夏季限定商品をいただきたいと思います。


その夏季限定商品とはこちら。
IMG_20170513_133328
赤福氷です。
--------Sponsored Link--------

氷のサイズは、最近のかき氷の中ではおそらく一般的で、両手を揃えたぐらいの器に山になるぐらいの量の氷でした。
IMG_20170513_133408
 
氷もしっかりとしていたので、多少時間が経ってもへたることなく形を保っていました。

抹茶蜜のかかった氷もそれなりに甘みがあり、一緒にいただけるお茶によく合う感じでした。

食べすすめていくと食べかけの写真で申し訳ないですが、このように中に餡とお餅が入っていました。
IMG_20170513_133543

赤福が乗っているのかと思っていたのですが中に入っているのですね。
IMG_20170513_133827
 
中に入っている餡とお餅は、赤福そのものではなく冷たい中にも馴染むように特別に作られたものだそうです。

確かに氷の中に入っていても固くならならず、なめらかで優しい甘さのある美味しい餡とやわらかいお餅でした。

雨上がりということもあり少し涼しい気候だったからか、店舗はすごく空いていたので、ゆっくりと休ませてもらいました。
涼しい中でも食べてよかったなと思う氷だったので、今みたいに暑い時に食べたらもっと美味しく感じるんでしょうね。

でも次は、冬季限定を食べてみたいですね。


安定のJALパックはこちらから🎵




個人手配とかでのホテル予約はこちらからどうぞ🎵


Hotels.comなら宿泊貯めると1泊無料になります。よくCMやってますよね。


JMBカード、JALカード、JAL CLUB-Aカード(クレジットカード)をお持ちではない方はこちらからどうぞ!
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。入会資格は前の記事で少し書いていますのでよろしければそちらをご覧ください。「JGCとは何ぞや?

 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ