思いつくまま旅記録 JGC修行

国内外色々と旅行に関する何かを記録していこうと思います。 あとJGC修行を行ったので修行記を残しています。

タグ:FLYON



Sponsored Link


JALグローバルクラブ(JGC)への修行の道 @教えてトリンコ先輩
先日から連載始めました、「@教えてトリンコ先輩」が短期間でけっこうな閲覧数があったようなので、 さらに調子に乗って第三弾を書いていきます(笑)

前の記事が気になる方は下記からおすすみください。
第一弾「JGC(JALグローバルクラブ)とはなにか? @教えてトリンコ先輩
第二弾「ワンワールドステータスとJALグローバルクラブ会員の関連 @教えてトリンコ先輩

さて、第三弾の今回は前回の最後に宣言しましたので「JGC修行」に関して書いていきたいと思います。


目次


JGC修行とは?

第一弾でも書きましたが、JALの上級ステータスであるJGC会員資格を取得するためには、JALのサービスを利用しなくてはなりません。
そのため、頻繁にJALを利用される方が対象となる上級ステータスですが、普段あまり飛行機を利用しない方が上級ステータスを取得するためだけに飛行機に乗り続けることを「修行」と言われています。
また、「修行」に対して、修行を完了しJGCサービスステータスを取得し終えることを「解脱」と言い割れています。
こちらが、ステータスを取得し送られてくるJMBサファイアカードです。
image
私を含め、修行された方、また修行中、これから修行を始めようと考えられている方は、このカードをもらうことが第一の目標になっているのではないかとおもいます。

修行するにあたり注意事項は?

注意事項というほどでもないのですが、いくつか念のため書いておきたいと思います。

修行のタイプを決めましょう

JMBサファイアの達成条件は2つあります。
  • 50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上
  • 搭乗50回(うちJALグループ便25回以上)かつ15,000FLY ONポイント以上
(2016年11月現在)
この2条件のうちどちらかを1月1日から12月31日までの1年間に達成すればJMBサファイアのカードが送られてくると同時に、JGCの入会案内も送られてきます。

なので、どちらで条件を目標に達成させるかによって修行の方法が異なってきます。


50,000FLY ONポイントを貯めて達成を目指す場合
こちらを目標にする場合は、キャンペーンやFLY ON ポイント換算率の良い国際線(シンガポール)への渡航などをうまく利用してFOP単価を下げて50,000FLY ONを達成する方法が一般的だと思われます。



搭乗回数50回による達成を目指す場合
この場合には、ただ単純に飛行機に50回(JALグループ便25回以上)乗って、15,000FLY ONポイントが貯まっていれは達成されます。

そのため、国内線でも国際線でもビジネスでもプライベートでもJALに乗りさえすれば回数にカウントされますので普段からJALを利用されている方は達成しやすいかと思われます。

ただ、普段飛行機を利用されない方、利用していても年間に50回乗らないという人(私もその一人)は飛行機に乗り続ける修行をします。
私の場合は、回数修行としてピストン修行を行いました。

このように、達成させる目標の違いにより方法が異なりますので、修行で条件達成を目指される方はご注意ください。


修行の前に、JALカードを作りましょう

FLY ONポイントや搭乗回数のカウントにおいてはJALマイレージバンクに入っていれば加算されていくことになります。

また、JMBステータスもJALマイレージバンクに入っていればステータスがもらえるはずです。
すみません、これは確認できていません。
なぜなら、JGCはマイレージバンクに入会しているだけでは入会条件を満たせていないからです。

JGC入会の時にはJAL CLUB-Aカード以上のクレジットカードの契約が必要になります。
ただし、その時にすでにJAL CLUB-A以上のカードを持っている場合には、カードの移行という形で審査が必要ないらしいという情報を見つけ、私は修行を行う前からCLUB-Aカードを持っていましたので、JALカードを持たないで修行するという経験が出来ませんでした。

あまりないとは思いますが、JGC入会条件であるJMBサファイアを達成して同封されているJGC入会案内を送っても、クレジットカードの審査で落ちて入会できないというシャレにならないことには避けたかったもので。。。

ただ、保有しているクレジットカード枚数が極端に多い人は、どうやら審査に引っかかることがあるようで、かなりハイクラスのクレジットカードを幾つか持っていた時に追加でクレジットカードを発行しようとすると審査で落ちたという記事を昔読んだことがあります。

もし、心当たりのある方がいらっしゃれば、JGC入会の際にはご注意くださいね。
なお、JALカード入会がまだの方でJGC修行を検討されている方がいらっしゃれば、こちらからどうぞ。


以上2点ご注意ください。

FOP単価とは?

FOP単価とはFLY ONポイント単価のことで、1FOPあたりいくらかかるかを算出した結果のことです。
算出方法は下記式で算出できます。

FOP単価=フライト料金/FLY ONポイント

この単価が低いほど、達成コストが低いことになります。

例えば、東京ーロンドン間のエコノミーセイバーでのFLY ONポイントは
6,214マイル×1.0(フライオンポイント換算率)+400ポイント(キャンペーンボーナスポイン)=6,614FLY ON ポイント
になります。

また、12月1日の東京ロンドン往復運賃はエコノミーセイバーで394,000円です。(11月2日現在)

FOP単価を計算すると

394,000/(6,214×2)=31.7円

かなり高いことになます。ロンドンは修行に向いてないですね。
これをいかに抑えるかが修行目安になります。

シンガポールなどアジア圏はフライオンポイント換算率がヨーロッパなどより良かったりしますし、キャンペーンなどで2倍などの時がありますので、その辺りをうまく使うと一桁になることがあるようです。
このブログでは回数修行での達成記事をあげていますので、ほとんど記事がないです。すみません。

参考までにOKA-SIN修行(仮)をどうぞ

この修行のメリットは海外渡航することや長距離フライトを選択することが多くなるので面白みがあるかと思います。
デメリットとして一泊二日で行ける範囲とかは少なくなってしまうので、土日しか修行に使えない方は厳しいかもしれません。

回数修行とは?

つづいては回数修行です。
このブログは回数修行を行った記事を修行のログとして残しておりますので、回数修行で達成を目指す方がいらっしゃればご参考までにどうぞ。

ピストン修行ログ

ピストン修行とは1日に同じ航路を何往復もする修行です。

私は土日にかけて、福岡ー宮崎間を6往復、羽田から福岡空港までのフライトを足して2日で14回搭乗する修行を行っていました。

過去の修行の記録

中には、タッチ修行と言われる、空港についてすぐに折り返し戻ってくることもやったこともあります。

この修行を行うと、同じフライトを繰り返し乗ることになるので飽きてしまったりする方もいらっしゃるようですが、私はそこまで感じることはありませんでした。

この修行は連続した休みをそこまで必要としないため、土日だけでもやりようがあります。
デメリットとしては、上記のように飽きてしまうケースがあったりまた、往復において同じ機材を利用するフライトとかがある場合には、
トラブルがあるとその後に続くフライトがなくなってしまったりする点がデメリットかもしれません。

トラブルによるフライトキャンセルは、払い戻しができますのでその点は心配はいりませんが。。。
よくあるピストン修行には、私も行った「福岡ー宮崎」間。また「沖縄那覇ー宮古」間のピストン修行もよく聞きます。

また、修行慣れしてきたら、自分でフライトスケジュールを組んで色々な空港を飛び回るという方法もあるようです。

以前修行で知り合いになった方は、羽田から伊丹へと続き、そのまま中国地方を飛び回ってました。
このように、計50回飛び回ることを回数修行と言います。

JAL公認の修行方法?

今回の記事の最後に、JAL公認の回数修行と言われる方法のご紹介をします。
記録としてこのブログに乗せているのでよかったら参考にしてもらえればと思います。
アイランドホッピング記事 http://blog.trinco.xyz/archives/cat_57657.html
islandhopping
小型プロペラ機で奄美群島のアイランドホッピング3日間
https://www.jal.co.jp/domtour/kyu/island_hopping02/
2日ないし3日で16フライトを行うという強行スケジュールとも思われる短期間薩南諸島周遊プランです。

このプランには賛否両論ありますが、飛行機慣れしたいとか、たまには違うところを飛び回りたいとか、個人の判断で利用されるのは面白いのではないかと思います。
私は好きでした。時間的余裕があったらまた行ってみたいと思っていたりします。

以上で、第三弾を終わりにしたいと思います。
短期集中連載的にしていきたいとは思ってもいたりするのですが、そろそろまたマカオ記事を書いていかないとマカオのことを忘れ始めてしまうので、様子見てこのシリーズを書いていければと思っています。
今回も最後までお読みくださりありがとうございます。



JALカードをまだお持ちでない方で、JGC修行にチャレンジしてみようと思われる方がいらっしゃいましたら、JALカードのご入会はこちらどうぞ。
 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、修行前にロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。

 


応援よろしくお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ワンワールドステータスとJALグローバルクラブ会員の関連 @教えてトリンコ先輩
先日公開した記事、「@教えてトリンコ先輩」が短期間でけっこうな閲覧数があったようなので、 ちょっと調子に乗って第二弾を書いていきます(笑)

第二弾はワンワールドステータスとJALグローバルクラブの関係をまとめていこうと思います。
第一弾が気になる方はこちらJGC(JALグローバルクラブ)とはなにか? @教えてトリンコ先輩」からお進みください。



目次


ワンワールドとは?

38
まず、ワンワールドとは何か?ということですが
ワンワールド(英: oneworld)は、世界規模の航空連合の1つである。アライアンス・スローガンは「An alliance of the world's leading airlines working as one.」。2013年10月時点で3つ存在する航空連合の中で第3位の規模を有する。ワンワールドは世界151か国、883カ所の目的地に達し、便数は毎日10,000便を超える。メンバー航空会社及びその関連会社は、運航計画、航空券発行、共同運航、乗継便運用、マイレージサービス、空港ラウンジの共有、経費節減、及びベストプラクティスにおいて高度な協力関係を有している。
正会員会社の子会社はアフィリエイトメンバーと位置づけられ、利用者側には正会員会社と同等の特典が受けられるようにする事が出来るが、かつてスターアライアンスに存在したリージョナルメンバーやスカイチームでのアソシエイトメンバーといった、正会員会社と資本関係のない提携会社を議決権を持たない準メンバーとして扱う事はしていない。
ワンワールドは、中央管理機構を確立した最初の航空連合である。発足当初はカナダのバンクーバー、2010年よりアメリカ合衆国のニューヨークに本部を置き[2]、加盟航空会社各社の最高責任者で構成されるアライアンス委員会への報告を担当する責任者が本部に駐在する。アライアンス委員会の議長は基本的に持ち回り制である。業務担当者への報告は、営業、IT、広報、空港・顧客サービス、並びにグローバルプロジェクトディレクターの職務長によって行われている。また、2010年にはアジア地域における営業・広報活動の拠点として東京にアジア地区本部を設置した[3]。 メンバー航空会社は、技術・整備事業、方針・手順調整、開発・支援ソリューション連携などで航空業界を通して使用できる可能な限り広範囲に亘る共通規格も開発した。また経費も一括購入と部品の相互共有によって削減されている。

参照wikipedia  ワンワールド


ウィキペディアには上記のように記載されています。
また、oneworldのHPのトップにはこのように記載があります。

ワンワールド アライアンスは世界を代表する15の加盟航空会社を持ち、世界150カ国、1000都市以上で最高レベルのサービスと利便性を提供いたします。

参照  ワンワールドHP

要は、世界150カ国1000都市以上を結ぶ航空会社連合のことを指すようです。
これがJGCとどのような関係があるかということですが、JGC会員に入会するとJALのエリートステータスだけではなく、ワンワールドエリートステータスも同時に付与されるので、ワンワールドに加盟している航空会社を利用時にもステータスに応じてサービスを受けることが出来るようになります。


ワンワールドエリートステータスとは?

JALにおいて、ワンワールドエリートステータスはJMB FLY ON プログラムのサービスステータスに応じて付与されます。
JMB FLY ON プログラムのサービスステイタス ワンワールド エリートステイタス
ダイヤモンド エメラルド
サファイア サファイア
クリスタル ルビー
また、JGC会員になるとワンワールドエリートステータスはこのように付与されます。
JMB FLY ON プログラムのサービスステイタス ワンワールド エリートステイタス
JGCダイヤモンド・JGCプレミア エメラルド
JGCサファイア・JGCクリスタル サファイア
搭乗実績がJGCクリスタルに満たない会員(平JGC) サファイア
JGC会員になると、前年度の搭乗実績がないとステータスが下がりJGC会員という形になります。
会員の中ではこれを平JGC(平会員)と呼んだりします。
極端な話、前年度搭乗実績が0だったとしても、クレジットカードの会費を払いJGC会員であり続ければJAL利用時にはJGCのサービスを受けることはできますし、ワンワールドのエリートステータスであるサファイアも付与されていることになります。


ワンワールドステータスにおけるサービスの違い?

ワンワールドステータスの違いによる、ワンワールド加盟航空会社におけるサービスの違いを表にしたいと思います。
ステータス種別 エメラルド サファイア ルビー
ファーストクラス
チェックイン
カウンター
-
-
ビジネスクラス
チェックイン
カウンター
ファーストクラスラウンジ
の利用
-
-
ビジネスクラスラウンジ
の利用
-
予約時の優先キャンセル待ち・
空港での優先空席待ち
空港での優先搭乗
-
ファスト
セキュリティレーン
-
-
手荷物許容量の優待
通常プラス1個
または
通常プラス20Kg
エコノミークラス
搭乗時
<個数制>
通常プラス1個23kg、
最大2個まで
<重量制>
通常プラス15kg
プライオリティ
バッゲージサービス
-
航空会社やその時々によって異なる場合があるので利用の際には確認したほうが良いかと思います。
先日のキャセイ利用時にもバゲージのサービスの詳細(重量等)が直前で変更になったようでした。利用できはしましたので問題は起こりませんでしたが。

--------Sponsored Link--------

ワンワールド加盟の航空会社は?

ワンワールドに加盟している航空会社は2016年11月現在、下記の15社あります。
航空会社 国名
airberlin ドイツ
アメリカン航空 アメリカ
British Airways イギリス
キャセイパシフィック航空 香港
Finnair フィンランド
Iberia スペイン
日本航空 日本
LAN ラテン・アメリカ
Malaysia マレーシア
カンタス航空 オーストラリア
Qatar Airways カタール
Royal Jordanian ヨルダン
S7 Airlines ロシア
SriLankan Airlines スリランカ
TAM ブラジル
これらの航空会社を利用する際にはJGCステータスをもっていると、一般では受けれない上記内容のサービスを受けることが出来るようになります。

そのため、JGCステータスを修行してまで取得するメリットとして、JAL以外におけるワンワールドという世界各国の航空会社においても優遇されるステータスを保有することができる、というのも上げられるかと思います。
このサービスを利用して先日の香港旅行ではキャセイラウンジを利用しました


この辺りでワンワールドについては終了したいと思います。
次回は修行の方法とかですかね?


この記事は2016年(現在)の情報をもとに記述しておりますので、最新の情報を確認されたい方はJAL公式ページをご確認ください。


今回の記事を最後までお読みくださりありがとうございます。
JALカードをまだお持ちでない方で、JGC修行にチャレンジしてみようと思われる方がいらっしゃいましたら、JALカードのご入会はこちらどうぞ。
ただ、普通カードだとJGCの入会資格はクリアしていないので、JGC修行を検討されている方はご注意ください。
JALカードはCLUB-Aカード以上でないと、JGC資格にはなりません。
入会案内を記入する際に、すでにCLUB-Aカード以上のJALカードを持っている場合には、審査がなく切り替えという形でJALカードからJGCカードへと切り替わるらしいのですが、通常カードですとJGC入会案内時に審査が発生するようですので、JGC入会を検討されている方は初めからCLUB-Aカード以上のカードへの入会をご検討ください。
 
ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、修行前にロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。 。。

 


応援よろしくお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

JALグローバルクラブ 〜JGCとはなんぞや?〜
さて、今更なのですが、
タイトル通りJALグローバルクラブ(JGC)とは何者なのか?といったものを少しづつ書いていこうと思います。

このブログにお越しの方で、JGCというキーワードで閲覧されている方もいらっしゃるとは思いますが、まだ、JGCの「J」もわからないって方、また私自身の知識の整理を兼ねて、何回かに分けて書いていきます。

JGCのサイトに行くと、まず 目につくのが上の画像とJAL GLOBAL CLUBのロゴ。
なんとなくお洒落で高級そうですねw

会員になると、様々なサービスを受けられるようです。
ようですというのは、まだ私も取得していないから。。。
これからの修行の結果。。。。今年は取得するぞー!!

サービスの説明は公式サイトに記載されていますが、後々ブログにも書いていきたいと思います。


まずは入会資格ですが、以下のようになっています。
  1. 1~12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールドアライアンス加盟航空会社便に搭乗し「FLY ON ポイント」が50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLYONポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLYONポイント以上のご搭乗実績が必要。
  2. JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを持つこと。
  3. JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。
主な資格は上記3つです。正確な情報は公式サイトをご確認ください。
「1」をクリアすると入会案内が送られてくるようです。
また、「2」をもつことでJGC入会ということになるのかと思われます。

「1」をクリアすることは、頻繁に出張とかで航空会社を使わな限り普通の生活をしている方は難しいかと思われます。そのため、ノルマをクリアするためだけに飛行機に乗る人達を修行僧と言ったりします。

「2」に関しては、クレジットカードをもつ必要があります。「1」をクリアしてから持っても問題ないのですが、クレジットカードを持つには必ず審査が必要ですので、「1」をクリアしたのちに審査が通らないとか話にならないので、事前にもつことをお勧めします。同じグレード(CLUB-Aカード以上)を事前に持っていれば、審査は無しでJGC入会が可能というブログ記事を読んだことがあります。

JALカードの入会はこちらからどうぞ。ただし、普通カードだと上記資格はクリアしていないのでご注意ください。

ちなみに、私はCLUB-Aカードを持って修行を開始しました。
ゴールドカード未満のカードですが、国際線ではビジネスカウンターを使えたりするので、ロサンゼルスに行った際には活用させてもらいました。エコノミーのカウンターがそれなりに人が並んでいたもので。。。

「3」に関しては、どうやら普通のことが書いてありそうです。
まだ手にしたことがない資格ですので、何か分かり次第随時追加更新していきたいと思います。

今回のところはこれぐらいで、次回は受けられるサービスの事を書こうかな。


 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ